文学

21件の商品があります。
北の文学2016 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞
  • NEW

北の文学2016 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞

定価 1,300
北海道新聞社 編
2016年北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞の受賞作品集。創作・評論部門佳作の不破俊輔「武四郎遭難一件」全文と岡和田晃「破滅(カタストロフィー)の先に立つ―ポストコロニアル現代/北方文学論」の一部。詩部門本賞久石ソナ「航海する雪」、佳作入谷寿一「茜色の空の下で」、短歌賞本賞阿部久美「ゆき、泥の舟にふる」、俳句賞佳作の檜垣桂子「白玉」の自選作品の抄録を掲載。
北の文学2015 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞

北の文学2015 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞

定価 1,300
北海道新聞社 編
2015年北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞の受賞作品集。創作・評論部門本賞の井村敦の小説「大門辺りー『点消夫と電灯夫』」全文と詩部門本賞原子修「叙事詩 原郷創造」、俳句賞本賞粥川青猿「冬の象」・短歌賞佳作の嵯峨美津江、月岡道晴の各作品の抄録を掲載。
北の文学2014 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞

北の文学2014 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞

定価 1,300
北海道新聞社 編
2014年北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞の受賞作品集。詩部門本賞の阿部嘉昭「ふる雪のむこう」、俳句賞本賞の杉野一博「肋木」・短歌賞本章桑原憂太郎「ドント・ルック・バック」と各賞佳作の4作品を収録。
北の文学2013 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞
  • 絶版

北の文学2013 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞

定価 1,296
北海道新聞社 編
2013年北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞の受賞作品集。詩部門正賞の萩原貢「小さな椅子の鬣(たてがみ)」、短歌賞正賞の下沢風子「光の翼」・俳句賞佳作「弦楽」、「無量」からの自選作品と創作評論部門佳作の小説2作品の全文収録。
田中澄江が歩いた北海道の山

田中澄江が歩いた北海道の山

定価 1,512
滝本 幸夫 著
脚本家、『花の百名山』の著者の田中澄江は、北海道の山々を愛し数々の山に足を運んでいます。その多くに同行し案内役を務めた山男の、エピソードを交えた回想録。田中の往時の文章を交えながら、高齢まで精力的に行動した姿を描いています。
聞き書き 倉本聰 ドラマ人生
  • 立ち読み

聞き書き 倉本聰 ドラマ人生

定価 1,728
北海道新聞社 編 倉本聰 監修
日本のテレビドラマ史に残る、数々の名作を生む倉本聰。幼少・青年期から現在までの人生の歩みを自ら振り返り、創作の源泉、作品・俳優論などを詳細に語っていきます。倉本聰像がくっきりと浮かび上がる力作。
小学生はこれを読め!
  • 絶版

小学生はこれを読め!

定価 1,028
「小学生はこれを読め!」編集委員会 編
「これ読め!」シリーズ最新刊は待望の小学生版!ひとくちに児童書といっても、対象年齢によって内容はさまざま。子どもの本に詳しいお母さんや先生、図書館司書、書店員らが選んだとっておきの645冊を一挙紹介します。
インタビュー/湯本香樹実、堀川真
寄稿/升井純子、赤木かん子、福田洋子、柴村紀代
原田康子 「挽歌」から「海霧」まで

原田康子 「挽歌」から「海霧」まで

定価 2,160
(財)北海道文学館 編
29歳のときに『挽歌』が一躍ベストセラーとなり、「日本のサガン」とも言われた原田康子。文芸評論家の川村湊氏ら四人が原田文学に迫る。さらに秘蔵写真やロングインタビューを通し、ほとんど知られなかった原田像を浮き上がらせ、その軌跡を追う。
高校生はこれを読め!
  • 絶版

高校生はこれを読め!

定価 1,296
「高校生はこれを読め!」編集委員会 編
本探しに迷える高校生は「これを読め!」。全道の図書館司書、高校教諭、書店員、現役大学生らによる高校生のためのブックガイド。本読みのプロたちがよりすぐった「この3冊」を中心に、3段階の難易度付きで541冊を紹介。寄稿/朝倉かすみ、豊崎由美、乾ルカ、文月悠光、まさきとしか。小路幸也インタビューも収録。
童謡の風景3
  • 絶版

童謡の風景3

定価 1,543
合田 道人 著
北海道新聞に連載された「あの日の歌景色」から2009年4月以降の53編を収録。童謡、唱歌、わらべ歌などを分かりやすい解説と情感あふれる切り絵で紹介。父、母、友と過ごした幼い日の情景がよみがえる、感動のシリーズ三部作最終章。
童謡の風景2
  • 絶版

童謡の風景2

定価 1,543
合田 道人 著
北海道新聞に連載中の「あの日の歌景色」から2008年4月〜2009年3月までの50編を収録。童謡、唱歌、わらべ歌など分かりやすい解説と情感あふれる切り絵で紹介
中学生はこれを読め!2

中学生はこれを読め!2

定価 540
北海道書店商業組合・北海道新聞 編
北海道の書店員が中学生向けにすすめる本が勢ぞろい。500冊のリストを一挙公開するほか、注目の若手研究者・中島岳志さんのインタビューも収録。
童謡の風景
  • 絶版

童謡の風景

定価 1,543
合田 道人著
誰もが幼いころに聞いた、歌った日本人の心の故郷・童謡、唱歌を分かりやすく解説。歌詞と、彫刻家村上保さんによる情感あふれる切り絵が魅力。本紙朝刊に連載中の「あの日の歌景色」の単行本化。
新装版 銀河鉄道の夜
  • 絶版

新装版 銀河鉄道の夜

定価 2,160
原作・宮澤賢治 木版画・佐藤国男 編・斉藤征義
大人になっても読み続けたい名作。銀河鉄道に乗って、夜の闇を旅する2人の少年が体験する現実と夢が、死後の世界を結ぶ。賢治の代表作が幻想的で美しい木版画とともに、新装版となって今よみがえる。
生きること ゆるすこと 三浦綾子 新文学アルバム

生きること ゆるすこと 三浦綾子 新文学アルバム

定価 1,944
三浦綾子記念文学館 編
愛とゆるしのひと・三浦綾子のことばと写真でつづる奇跡の人生とその作品。1964年に「氷点」で鮮烈なデビューをし、99年に亡くなるまでの間、病を抱えながらも幅広い分野で数多くの作品を残した三浦綾子。その多彩な三浦文学の世界と軌跡を、多くのことばと写真でひも解く文学アルバム。