ノンフィクション

28件の商品があります。
札幌人図鑑
  • 近日発売

札幌人図鑑

定価 1,500
福津京子 著
札幌に住む魅力的な有名・無名な人たちを毎日紹介するインタビュー動画サイト「札幌人図鑑」。そこに登場した中から70人をピックアップ。人生の岐路に立った際の決断、その後の生き方の変化をそれぞれに語ってくれます。どう働くのかが生き方を左右することを実感する一冊。
連続台風 記録と防災 ―道新報道2016―

連続台風 記録と防災 ―道新報道2016―

定価 1,000
北海道新聞社 編
2016年夏、北海道に次々と上陸した4つの台風。上川南部・十
勝地方を中心に各地で大きな被害をもたらしました。氾濫した川
や、土砂崩れで寸断された交通網など被災の実態を報道写真
で検証します。災害への心構えや今回の台風の解説記事な
ど、今後の防災にも役立つ一冊。
平成の北海道大相撲 三横綱がいた時代

平成の北海道大相撲 三横綱がいた時代

定価 1,512
宗像 哲也 著
千代の富士、大乃国、北勝海の道産子三力士が横綱を張っていた昭和から平成にかけての時期。「相撲王国北海道」を支えた力士たちの名勝負、人間ドラマを貴重な写真とともに再現します。北天佑、騏乃嵐、北勝鬨、大翔鳳など個性的な力士が横綱とともに活躍した時代をベテラン相撲記者がエピソード満載で描きます。
ギリヤーク尼ヶ崎 「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へ

ギリヤーク尼ヶ崎 「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へ

定価 3,240
ギリヤーク尼ヶ崎 著
函館出身のギリヤーク尼ヶ崎。青空の下、路上で繰り広げる独自の舞踊は見る者を震撼させる。伝説の大道芸人と呼ばれ、国内外で高い評価を得ている、魂の叫びを現す踊りを自叙伝風に追った写真集。パリや気仙沼の公演風景やその時々の心情を語る言葉で、「ギリヤークの世界観」が伝ってきます。
戦後70年 忘れ得ぬ戦禍   北海道新聞地方版から

戦後70年 忘れ得ぬ戦禍 北海道新聞地方版から

定価 1,500
北海道新聞社 編
全道各地に散らばる戦禍の記憶を地元で丹念に掘り起こした北海道新聞の各地域版を集めた戦後70年特集。戦地での体験や北海道にいながらの戦争被害、心に深く刻まれた爪あとなどを空知、室蘭、根室、千歳等々北海道全域のそれぞれの「戦い」をまとめた一冊。
戦後70年 北海道と戦争 下

戦後70年 北海道と戦争 下

定価 1,620
北海道新聞社 編
北海道新聞の戦後70年特集を単行本化。下巻は第二次大戦の戦況悪化から敗戦、復興の兆しまでを丹念な関係者への取材をもとに時代の実相に迫ります。
私の戦後70年

私の戦後70年

定価 1,400
北海道新聞社 編
同名の新聞連載企画を単行本化。著名人59人が戦後70年の時を振り返ってのメッセージを送ります。第一回の王貞治や黒柳徹子、北海道とゆかりの深い倉本聡・横山清など各界で活躍されている方々にとっての「戦後」を語っています。
戦後70年 北海道と戦争 上

戦後70年 北海道と戦争 上

定価 1,620
北海道新聞社 編
北海道新聞の戦後70年特集の単行本化。2014年夏より1年間続く連載は、太平洋戦争時に実際に戦地に赴いた兵士や、同時代に生きた人たちの証言をもとに構成され、好評を博している。上巻は開戦直前から沖縄戦などの苦闘、軍需産業に携わる人たちの苦労など北海道の人たちが戦争と向かい合った姿を豊富な写真、図表とともに描き出している。本当に語り継がなくてはいけないものは何かを考える一冊。
夕張再生、俺が引き受けた 財政破たんの故郷で市長になった男

夕張再生、俺が引き受けた 財政破たんの故郷で市長になった男

定価 1,700
藤倉 肇 著/森 浩義 編
財政破たんした直後の夕張の第7代市長となった藤倉肇。タイヤ販売会社社長から、故郷の危機に身を投じる。「行政の素人」を標榜し、民間の常識が通じない世界に四苦八苦しながらも、歴代総務大臣5人と渡り合い、財政再建から財政再生へと道筋をつけた4年間を振り返る。街が消えるといわれた当時の生々しい様子を今だから言える裏話を含めて、自らが語ります。
道新選書47 獄中メモは問う 作文教育が罪にされた時代

道新選書47 獄中メモは問う 作文教育が罪にされた時代

定価 1,400
佐竹 直子 著
1940(昭和15)年、綴方指導に熱心な北海道の教員が、治安維持法違反容疑で大勢逮捕された「北海道綴方教育連盟事件」。当事者が残した「獄中メモ」をきっかけに、遺族・関係者の取材を重ね、思想弾圧の実像に迫ったルポ。三浦綾子「銃口」のモチーフとなった事件で何が行われたのか、埋もれた歴史の真実を洗い出す。新聞連載は2015年日本ジャーナリスト会議賞を受賞。
土方歳三最後の戦い 北海道199日
  • 立ち読み

土方歳三最後の戦い 北海道199日

定価 1,836
好川 之範 著
戊辰戦争の最後、津軽海峡を渡り北海道に就いた土方歳三。新選組副長として知られる男の決死の戦いぶりと戦死時の模様を、史料と取材で丹念に検証。だれが撃ったのか、北海道での半年余りの足跡をたどり、歴史の真実に迫る。
3.11に生まれた君へ

3.11に生まれた君へ

定価 1,728
「君の椅子」プロジェクト編
東日本大震災当日、被災地に誕生した尊い命。未曾有の事態のなか、多くの人たちの温かい助けを受けた31の家族の手記。体験した者のみが記すことができる生々しい震災時の描写、生まれたわが子への愛情、感謝の気持ちが溢れています。福島民報、河北新報、岩手日報、道新の合同出版。
日ロ現場史 北方領土―終わらない戦後

日ロ現場史 北方領土―終わらない戦後

定価 2,268
本田 良一 著
2013年度新聞協会賞受賞の連載の単行本化。北方領土に直面する根室・羅臼など現地の実情と、政治の事情で二転三転してきた国家間の交渉の動きを追い、多くの思惑が絡まる領土・領海問題を地元の視点から解決策を探る。綿密な取材、考証を積み重ねた労作。
いとしの大衆食堂~北の味わい32店

いとしの大衆食堂~北の味わい32店

定価 1,620
文・北室 かず子/写真・田渕 立幸
故郷の味、地元の人に熱烈に愛されるお店が、あなたの街にもあるはずです。そんな飾らず、安く、旨いと評判の大衆食堂32店にまつわるエピソード、店主のこだわり、評判のメニュー、伝説の数々を紹介します。
バカな大将、敵より怖い 武井正直講演録

バカな大将、敵より怖い 武井正直講演録

定価 1,728
北海道二十一世紀総合研究所 編
地方銀行が都市銀行を統合するという未曾有の事態を強いリーダーシップでまとめ上げた北洋銀行元頭取の講演録。「武井節」と呼ばれた、銀行家としての先見性に富んだ示唆と、歯に衣を着せぬ大胆な人物評などがたっぷりと収録されている。バンカーとしての信念と経営理念の根幹を形成するに至る半生も振り返る。