モーリー

39件の商品があります。
モーリー45号 北海道レッドリストの現状と課題 4鳥類

モーリー45号 北海道レッドリストの現状と課題 4鳥類

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
年間テーマ「北海道レッドリストの現状と課題」の4回目。タンチョウ・シマフクロウなど鳥類を特集。生息域の現状と今後の保護と課題を考える。
モーリー44号 北海道レッドリストの現状と課題 3魚類、両生・爬虫類

モーリー44号 北海道レッドリストの現状と課題 3魚類、両生・爬虫類

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
年間テーマ「北海道レッドリストの現状と課題」の3回目。チョウザメ、イトウ、キタサンショウウオなど魚類、両生類、爬虫類を特集。個体が生息する地域の現状と今後の課題を考える。
風のゆくえ  北の動物たちを描く

風のゆくえ 北の動物たちを描く

定価 2,700
増田 寿志 著
モノトーンの動物たちの息遣いが生々しく再現された細密画集。北海道で見られる野鳥やエゾリス・ユキウサギなど40種余りの動物たちの姿を描写。絵とともに書かれた作者の言葉が一層作品の世界を拡げます。
モーリー43号 北海道レッドリストの現状と課題 2植物・昆虫

モーリー43号 北海道レッドリストの現状と課題 2植物・昆虫

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
年間テーマ「北海道レッドリストの現状と課題」の2回目は植物・昆虫。ラン、シダ、ミズクサ、チョウ、ガ、トンボなど身近な生き物でも絶滅の恐れがある種を紹介し、課題を考える。
モーリー42号 北海道レッドリストの現状と課題 1哺乳類

モーリー42号 北海道レッドリストの現状と課題 1哺乳類

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
年間テーマ「北海道レッドリストの現状と課題」の1回目は哺乳類の特集。絶滅したオオカミ、カワウソや希少種のトド、ラッコ、コウモリ類など北海道の生き物が置かれている状況を考える。
モーリー41号 世界から見た北海道 4欧州

モーリー41号 世界から見た北海道 4欧州

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
年間テーマ「世界から見た北海道」の四回目。北欧・東欧のクマ、イギリスのシカ管理、風力発電のバードストライクなど北海道と共通する問題のヨーロッパの現状と対策を紹介。
モーリー40号 世界から見た北海道 3東南アジア

モーリー40号 世界から見た北海道 3東南アジア

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
年間テーマ「世界から見た北海道」の三回目。東南アジア間で行き来するアカショウビンや、ヘラシギなどの渡り鳥やボルネオの熱帯雨林の生き物から北海道とのつながりを考える。
モーリー39号 世界から見た北海道 2北米

モーリー39号 世界から見た北海道 2北米

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
野生生物の紹介、保護を目的に発行している北海道ネーチャーマガジンの第39号。特集は年間テーマ『世界から見た北海道』の2回目、北米大陸の特集。北海道とは太平洋を挟んで気候や海流が似ている北米はエンレイソウ・サケ・マスなど共通性を持つ動植物が多い。それぞれの比較、課題を検討する。
モーリー38号 世界から見た北海道 1北極圏

モーリー38号 世界から見た北海道 1北極圏

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
野生生物の紹介、保護を目的に発行している北海道ネーチャーマガジンの第38号。特集は年間テーマ『世界から見た北海道』の1回目、北極圏から見た北海道。海流と流氷、クジラ、渡り鳥、シシャモ、ナキウサギなど北海道と北極圏との繋がりをもつ生態系を考える。
モーリー37号 外来生物の駆除、防除策

モーリー37号 外来生物の駆除、防除策

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
野生生物の紹介、保護を目的に発行している北海道ネーチャーマガジンの第37号。特集は『外来生物の駆除、防除策』。ウチダザリガニ、セイヨウオオマルハナバチ、ブルーギルなど外来種への対策をどうするのか。洞爺湖、野付、ウトナイなど現場の実態とその対応を考える。
モーリー36号 “越境生物”からの影響

モーリー36号 “越境生物”からの影響

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
特集はアライグマ、ブラックバス、カブトムシ、タンポポなど北海道に見られる外来の動植物の状況、自然への影響を考察する。こうした越境種を今後どう対応していくのかを、道外での侵入防除策などを紹介しながら検討していく。
モーリー35号 北海道 南限・北限の生きもの

モーリー35号 北海道 南限・北限の生きもの

定価 972
北海道新聞野生生物基金 編
特集は『北海道の生物境界線 南限・北限の生きもの』。北海道に生息する境界線の動植物を取り上げ、生物学的な意義を考察する。エゾライチョウ、ヤマゲラなど日本では北海道だけに生息する生き物やクマ、セミ、クジラなどを例として境界線の特徴を紹介。
モーリー34号 北海道の生物境界線

モーリー34号 北海道の生物境界線

定価 720
北海道新聞野生生物基金 編
特集は『北海道の生物境界線』。津軽海峡の動物学境界線のブラキストン線や、ブナ林の北限を示す黒松内低地帯線など動植物、昆虫などの境界線をとりあげ、生物学的意義を考える。
モーリー33号 北海道に残したいもの―海岸線に息づく生命

モーリー33号 北海道に残したいもの―海岸線に息づく生命

定価 720
北海道新聞野生生物基金 編
野付半島の希少生物とエゾシカ問題、えりも岬周辺の海岸林復元活動など道内各地の海岸線の特徴や、生息する動植物、直面する問題、自然保護活動などを詳しく紹介します。
モーリー32号 北海道に残したいもの―川の環境と生物たち
  • 絶版

モーリー32号 北海道に残したいもの―川の環境と生物たち

定価 720
北海道新聞野生生物基金 編
北海道ネーチャーマガジンの32号。特集は『北海道に残したいもの―川の環境と生物たち』。十勝川、石狩川、尻別川、朱太川、千歳川、天塩川などを取り上げ、サケ、アユ、鳥、昆虫、水草など川と関わる動植物やフットパス、カヌーなど川に親しむ取り組みを紹介。