北海道 終活がわかる本

定価
1,400
福田 淳一 著
判型・頁数 四六判、272頁
ISBN 978-4-89453-777-4
発売日 2015年4月17日

元気な今だからこそ気になる、葬儀やお墓、エンディングノートの書き方から生前整理、成年後見制度、相続、住居、介護など、だれもが直面する問題の北海道における現状と対応の情報を分かりやすく紹介する「終活」の入門書。本人だけではなく、親を支える世代の関心事も網羅。慌てず穏やかな人生を送るための道標。
在庫あり
数量:

お客様都合での返品・交換はお受けできません。

この本のレビュー

  • 北海道の終活に特化した本

    2015/05/09 投稿者:武田(50代) おすすめレベル:★★★★★

    終活本はたくさん出版されていますが、北海道の終活に特化した本は今までありませんでした。
    実例が多く掲載され、わかりやすい表現で記載されているので、困った時や迷った時の有効バイブルとなります。
    ページ構成も良く、準備・備え・葬儀・埋葬と順を追って掲載されているため、本としても読みやすいと感じました。
    北海道の終活本として一押しの一冊です。

  • いろんなことに気づかされる実用的な本

    2015/05/07 投稿者:宮崎 おすすめレベル:★★★★★

    私は30代で、親はまだまだ元気ですが、葬儀やお墓と関連する仕事をしている関係もあり、興味を持ち手に取りました。
    終活に関する本は、法律的な話題や、社会問題についての考察が満載で難しいものが多く、正直目が滑ってしまうことがありましたが、この本は生活者の視点に立って書かれており、細かいところまで配慮が行き届いていると感じます。
    実例が多いのと、地域に特化しているため、「そういえばこんな事態に陥ることも考えられる。私だったらどうしよう?」と、ハッと気づかされることが多かったです。
    終活をするのは高齢者というイメージがありますが、いざというとき本当に困るのは残される私たちなので、しっかり勉強したいと思います。

  • 終活を知るために

    2015/05/06 投稿者:山田敦子 おすすめレベル:★★★★★

    自分の為に知りたいのか、それとも親の為に知りたいのか…この本はどちらの立場でもとてもわかりやすく、知りたかったことや何をどうすれば良いかを導いてくれる内容です。
    気になっているところだけをなん度も読み返したり、自分には当てはまらなければ読み飛ばしたり…終活の辞書。

  • 情報満載

    2015/05/05 投稿者:rararakoubou おすすめレベル:★★★★★

    終活に不安を感じている方が本の目次を見て、余計に不安に思ってしまわないだろうかと思う程に情報が盛沢山。
    私は関心をもっているページから読んでみました。「終活よもやま」がピンポイントで面白かったです。

  • 終活がわかる本

    2015/04/19 投稿者:赤坂 広子 おすすめレベル:★★★★★

    先日 ㋃17日山田敦子さん「感謝される相続」短時間でしたが 大変参考になりました。

    その折に「終活がわかる本」を求ました。
    題名どおり 本当に詳しく解りやすく書かれていますのが、何よりでござおます。

    『葬儀の形態』を読んで・・私は「家族葬」でと準備しておりますので・・考えてしまいます。

    私は主人亡きあと2000年に『尊厳死協会』に入会いたしました。 勿論2人の息子達にもその旨を伝えてあります。
    何時もお世話になっております医師にもお願い致しいたしてございます。   「尊厳死協会」はまだ「法制化」さていませんね・・早くにと思いますのは 私だけでしょうか?。